小渕内閣の組閣について

1998年7月30日

仙谷 由人

国民の信任を受けない政権の誕生

 本日、小渕内閣が発足しました。しかし、小渕首相は、参議院では首班指名を受けられませんでした。その上、政権与党の自民党は、先の衆議院選挙で239議席(総数500議席)と過半数には及ばず、野党からの引き抜きで多数となったに過ぎず、またしても国民の信任を受けない政権が誕生したことは非常に残念です。

派閥均等型順送り人事

 新しい政権、与党の構成を見ても、自民党幹事長に前総務会長を据え、内閣の中枢を担う官房長官に前幹事長代理を横滑りさせるなど、橋本自民党政権の単なる首のすげかえにとどまっています。今回の組閣人事は若返ってはいますが、派閥均等型順送り人事は相変わらず、自民党の悪い病気は治っておりません。

宮沢大蔵大臣について

 再度大蔵大臣に就任した宮沢氏については、旧大蔵大臣時代にバブル経済 を抑えられず、首相の時には不良債権を先送りし、しかも政治改革では決断力を示せずに政権を失った人物です。また過剰な公共投資をして、市場の混乱を招く結果になるのではと心配しております。

国民が政権選択を

 いま日本が必要としている大改革を実行していくためにも、1日も早く国民の意志を代表する政権をつくる必要があります。私たちは、小渕首相に対し、国民が政権選択をできる機会を早期に実現するよう、強く求めてまいります。