麻生新内閣について

08.9.24

民主党徳島県連代表 仙谷由人

 顔ぶれをみるとほとんどが二世、世襲議員ばかりで、こんなに現代の“門閥制度”がはっきりとあらわれた内閣はないのではないか。

 また一方で言えばある種のお友達内閣。無難にこなそうとすれば役人の振り付け通りに踊るしかないだろうし、地が出ればアジア、国際政治の中で沈没する可能性が高い。

 表紙をかえても中身は変わらず。官僚と自民党の無駄遣い、垂れ流しは止まらない。もはや自民党の命脈は尽きかけている。