太田誠一農水大臣辞任について

2008年9月19日

民主党徳島県連代表 仙谷由人

 太田誠一農水大臣の責任は重大だった。農薬汚染されたコメを水際で阻止できず、事故米を食用に転用していることを放置したずさんな検査態勢、これを毒入りギョウザよりマシとして「ジタバタしない」とした無責任・無神経な大臣の放言は、やはり国民生活への敵対行為である。

 汚染米問題の拡散と国民の不安の拡大は、省益と利益のためには国民の食と健康などは無視してもいいとでも言わんばかりの農水省の体質が露呈したにすぎず、また同省の業者との癒着による結果である。来たる総選挙でのこのような無神経・無責任な政権を終わらせなければならない。