道路整備費財源特例法案の衆議院再可決について(コメント)

2008.5.13

民主党徳島県連代表

仙 谷 由 人

 法律案は本来、衆・参両院の可決がなければ成立しない。それを憲法中の異例の条項をつかって、今回、三度強行したことは民意を無視した蛮行である。それに政府は朝の閣議で一般財源化を決めたばかりではないか。

 こんなめちゃくちゃな法案を通すことは断じて許されない。一刻も早く解散しなければ、この国の未来が危うい。