租税特別措置法改正案の衆議院再議決について

08.4.30

民主党徳島県連 代表

仙 谷 由 人

 参議院で審議途中の法案を奪い取って行ったこの再議決は、すでに民心が離れた福田内閣の延命を企図しつつ、ひたすら10年間59兆円の道路にしか使えない財源を確保し、「暫定」を固定化しようとするものである。 

 また、参議院の存在を否定し、「二院制」という日本の議会制民主主義をないがしろにするもので、日本の未来を危うくする。