福田内閣組閣にあたって

2007.9.26

衆議院議員 仙谷由人

 総理だけが代わり、残りはほぼ同じという居抜き内閣だ。年金や教育、医療、分権改革をどうするのかメッセージがなにもみえない。人的、財政的にも資源配分の転換ができるのか、するつもりがあるのか、まったく伝わってこない。