福田総裁の誕生に向けて

2007.9.23

衆議院議員 仙谷由人

 安倍総理の“究極のドタキャン”に伴う自民党の総裁選で福田総裁が誕生した。

 自民党の党員や議員の方々が、我が身可愛さの思いから「寄らば大樹の陰」へと走り込んだ結果であり、自民党政権の安定を回復しようとする心理が福田総裁を誕生させたのではないか。

 しかし、これは国民生活の安心、安全を確実なものとすることを意味しない。つまり、「古い自民党」に先祖返りする疑似政権交代にすぎず、日本を停滞、沈没へと落とし込む出発点となる可能性が大である。

 本物の政権交代ではなく、二、三世や世襲による政権のたらい回しでは、税金の無駄遣いをやめさせ、政治と金についての透明化を図り、地域・地方を活性化し、財政赤字体質から脱却させるなどの政治の刷新は実現できない。

 速やかに衆議院を解散し、民意を問うべきだ。

以 上