安倍総理辞意表明を受けて

2007.9.12

衆議院議員 仙谷由人

所信表明を終え、代表質問2,3分前に辞任とは無責任極まりない。他人のこと、社会のこと、日本のことをまったく考えていない。

「民意がないために次の総理に状況を打開してほしい」と言われたが、それなら解散・総選挙するべきだろう。それを「空気が読めない」などと言われながらも、参院選惨敗後に内閣を改造して強引にやってきたのは、他ならぬ安倍総理自身ではないか。

この大切な時期に大きな政治的空白。そしてこんな人物を人気だけで総理に選んだ自民党の責任は大きい。