2005年3月16日

「竹島の日」条例の成立を受けて(コメント)

民主党政策調査会
会長 仙谷由人

 島根県沖の竹島(韓国名・独島)について、2月22日を「竹島の日」とする条例が島根県議会で成立した。竹島は歴史的にも国際法的にもわが国固有の領土であることから、竹島が属する県が条例を制定することについては理解できる。

 この竹島について、かねてから韓国から領有権主張がなされていることも客観的事実であるが、本年は日韓両国の国交正常化40周年を記念する「日韓友情年」の年であり、市民レベルでは近代史のなかで最も密接で友好的な理解と交流が行われている今日、両国政府はもとより、両国の国会議員等、政治レベルでの対話が重ねられ、真摯に知恵を出し合い、この問題が冷静かつ友好的に解決されることを強く望むものである。

以 上