2004年12月27日

皇室典範の見直しに関する有識者懇談会設置に関して(談話)

 

民主党政調会長 仙谷 由人

 政府は27日、皇室典範の見直しに関する有識者懇談会を設置することを決めた。この懇談会では、現在は認められていない女性天皇の問題を中心に検討が進められることになろう。

 この問題について、民主党は先の参議院選挙におけるマニフェストで、「『日本国の象徴』にふさわしい開かれた皇室の実現へ、皇室典範を改正し、女性の皇位継承を可能とします」との方針を明確にしている。

 我々のこの方針は多くの国民の声をしっかりと受け止めて、21世紀の新しい国際化の時代にふさわしい天皇=皇室像を国民とともに模索しつつあるものである。懇談会においても、また政府においても、国民の総意を勘案し、民主党の方針同様の結論に至ることを確信するものである。

以 上