イラクへの自衛隊派遣の閣議決定に反対する

12月9日 四国放送 夕方のニュースでのコメント

仙谷由人

 

 閣議決定に反対する。政府は国際法上の根拠も大義もない米のイラク攻撃に追従し、国連の枠組みも整わぬまま、武力衝突の可能性の高い地域に自衛隊を派遣しようとしている。憲法が禁じている武力行使につながる。情勢は悪化、泥沼化しつつあり、このような情勢の中では復興支援の実をあげることにはならない。