2006年10月14日
徳島駅前にて

仙谷 由人

 ご無沙汰を致しております。仙谷由人です。徳島駅前のバス停でバスをお待ちの皆さん、タクシーのドライバーの皆さんには大変ご迷惑をおかけしますが、久しぶりにマイクを握らせていただきます。

5年間の小泉改革による結果

 

 暑い夏が過ぎました。小泉さんが内閣総理大臣を辞めました。小泉さんの5年半の政治は、皆さんの毎日の生活にとって、何かいいことがありましたか。そして、これから先、私どもの生活に、新しい希望の光が見えてきましたか。今、皆さんのお子さんやお孫さんの将来に、一生懸命勉強や努力をすれば、安定した幸せをつかむ事ができるという希望を持つことができるでしょうか。

 一体、小泉さんは、何をしたのでしょうか。小泉さんは、小泉政権が発足した時に「雇用を570万人増やす」と言いましたが、実は日本の就業者(働く人)の数は殆ど増えていません。そして、正規社員は300万人減り、非正規社員はなんと1000万人増えました。

 今、働く人のうち、非正規社員は、1600万人になりました。今、雇用されている人4800万人のうち、3分の1の方が、非正規、臨時パート、フリーターで占められています。当然の事ながら、働く人にとって非正規社員の増加が長く続くという事は、生活が不安定化します。

 会社が、なぜ非正規社員を必要とするのかといいますと、給料などの経費や健康保険あるいは労災保険、失業保険、年金を会社側が切り詰め安くしようとします。本来、人を雇う以上は経営者の方々には経営者負担がありますが、会社側がその負担を免れ、利益を取るためにパートや派遣や、請負というかたちに切り替えてきたのが、この5年間の小泉改革の結果です。

 経営者は、仮に請負や派遣という雇用形態を認める場合でも、一旦人を雇う以上は、必ず健康保険や年金、労働災害の保険や失業保険という手当てをしなければ、働く人が病気になったり、会社が倒産したりといろんなところでリスクが発生します。

 働く上での最低保障を整備しておかなければ安心して働けません。ところが、小泉政権は「570万人の雇用を増やす」と国民の前に提示しましたが、正規社員数の雇用者が減った分だけ非正規の数が増えたのです。

国民の目線に立った政策の実現を

 今、一人ひとりの生活、将来への思いが、不安定化しています。小泉前総理の「改革」と称するものは、悲惨な結果をもたらしました。その後を継いだ安部さんは、真面目に現状における地域の問題、地方の実態、働く現場、医療の現場、学校の現場で起こっていることを、正しく認識をする必要があります。安倍さんには、人々の安心を本気で支え、新しい枠組みや仕組みを作ってもらわなければいけません。その仕組み作りに、皆さんが支払った税金を、優先的につぎ込んでもらわなければいけません。

 安倍さんは、「公共事業は無駄ではない」、「新幹線を作る」ということを言っています。しかし今、皆さんの税金を優先的につぎ込むべきところは、医療の現場であり、学校の現場、地域の社会作りのために図書館を作ることであったり、放課後のお子さん方を預かることができる放課後学童保育所のようなものであったり、あるいは保育所であったり、子供園である事が重要であると思います。

 ところが、税金を優先的に使う政策が、皆さんの目に見えてきません。なぜなら、いまだに子育て、学校(放課後の補習)の問題、あるいは医者の養成の問題は、すべて文部省と厚生省の縄張り争いの中で、施策や予算が一元的に行われません。各省庁の縄張り争いは、医療の世界でいえば、徹底した医師不足をもたらしているのです。その代表例が、徳島県の海部郡や三好郡の医者不足です。徳島県も、「徳島大学には関与できない」と言っています。徳島大学医学部の医者養成には関与できないと言っています。私は、このような縦割り構造を、早く壊す必要があると思います。そして、一番大事なのは、国民の医療、患者の視点に立った医療のために医者の人材配置をするということを、徳島大学、医師会、県庁が集まって議論をすることが必要です。

 そのことを放置したまま、言葉だけ「改革」を叫んできたのが小泉さんです。本気で、現場が現在抱えている問題や、矛盾点を直す改革をしていかなくてはいけません。

 いよいよ来年は、参議院議員選挙です。我々も、一生懸命訴えていきたいと思います。皆さんの生活を、安心できる地域社会を、早く再生させなければならない。そして、しっかりした制度を作らなければ、我々の未来は真っ暗闇になります。いまだに官製談合、そして天下りの問題をひきずる政府・自民党政治の流れの中で、国民の一人ひとりが気づいてみたら、大きな格差と最低限の保障すらも無くなっているという事になりかねないと思います。

北朝鮮核実験問題と小泉前総理がもたらしたアジア外交の失敗

 もう一つが、北朝鮮の金正日の問題です。我々は、北朝鮮の核実験というこの無茶苦茶さは、到底認めることは出来ません。私は、この夏、韓国や中国へ行きました。中国では、中国の政治家や学者と、色んなシンポジウムで討論をしました。先週も、韓国の学者と討論をしてだんだん分かってきた事は、金正日が最後の足掻き(あがき)を始めたというのが今度の核実験です。

 さらに、韓国、中国の政治家や学者の殆どが、ポスト金正日、金正日無き後の北朝鮮を、誰が統治することができるかという検討に入っています。現在の北朝鮮による人権蹂躙の実態を覆い隠すために、そして、現在の悲惨な状態を何とかして経済援助を得るために、核実験という凶器を振り回すというやり方が、今の国際社会に通用するはずがないと思います。今度の核実験で、さすがの韓国も中国もロシアも核実験まで行う北朝鮮にはついてはいけないとの考えの下、経済制裁をしなくてはいけないという立場です。これが、国際社会の常識です。

 できれば、小泉さんが、戦前の日本がおこなった侵略の歴史を中国と韓国と謙虚に話し合って、この5年間、その前提で中国と韓国の政治ともっとうまく連携が取れていれば、中国、韓国、ロシア、アメリカと一緒に、北朝鮮をここまで追い込まなくてもすんだかも分かりません。しかし、中国と韓国と、この5年間、徹底的に話し合いができない状況を作ったのは、小泉さんです。

 中国にも、尊大な所はあります。既に戦後、中国へ2兆円を超えるODA(:政府開発援助)が日本から中国へ貸されています。ODAというのは、貸し金です。しかし、困ったときに金を貸してくれた人に表向き感謝の意を表さないと、皆さん方や我々の中に、「この態度は何だ」という気持ちが生じるのも当然だと思います。しかし、お世話をするということは、見返りを求めるものではありません。

 私どもの先祖が行った、戦前の満州国の建国、満州事変、盧溝橋事件、日中戦争、この戦争を見てみると、日本人として反省しなければいけないということは当然の事です。さらに、この戦争を反省し、徹底した検証が必要なのです。このことを、小泉さんはやってこなかったのです。

 安倍さんは、今まで中国や韓国を敵視し続け、戦前の日本の歴史や、戦時中の侵略を認めなかったのですが、さすがに総理大臣になると、そうは言っていられないという事で、中国と韓国を訪問したのです。そこに、今度の金正日の核実験です。

核兵器の廃棄と国際社会における平和な秩序と

21世紀の豊かな繁栄を構築すべき

 私は、北朝鮮は、ついに崩壊の引き金を引いてしまったという事を率直に思います。北朝鮮に住む多くの人々は、人権を蹂躙され、飢えの中で苦しんでいる人達を見て、可哀相で仕方ありません。しかし、金正日のような独裁的な代表を、何の因果か変えることができない。この不幸は、彼ら自身が変えなければならないことは当然の事です。

 しかし、こういう続発的な体制を、我々が維持させることもあってはいけません。我々は、韓国や中国、そして日本に被害が及んでこないように、今の6カ国協議の中の5カ国(日、米、中、韓、露)の協調を大事にしながら、北朝鮮が暴発しないようにおし止めるという事しか方法はないと思います。

 国連には、この北朝鮮の暴挙に徹底的なマイナスの評価と、けしからんという評価があり、このことから北朝鮮を封じ込める手続きが行われると思います。私は、北朝鮮に対して、早く核開発を断念する、もし北朝鮮に開発した核兵器があるのであれば早急に廃棄をするという事が、国際社会の中でいろんな協力をもらう前提だという事を言いたいと思います。

 昔、南アフリカ共和国という国がありました。金やダイヤモンドが取れる国です。さらに、白人が、現地の黒人を弾圧するという、人種差別を繰り返しました。それを、ヨーロッパ、アメリカを中心とした先進国が、経済封鎖をかけようとしました。それに対抗する為に、南アフリカ共和国は核兵器を開発し、持ってしまったのです。それに対し、国際連合は経済封鎖を行いました。経済封鎖を5年続けますと、ついに開発した核兵器を廃棄し、人種差別をやめて、獄中にいた指導者を解放して、その指導者が大統領になって国際社会に仲間入りをしました。南アフリカ共和国は、今では大きく経済成長をしています。

 核開発に手を染めても、反省をして、開発をした兵器や装置を廃棄すれば、今の国際社会の中では何事も話し合いによって決める。金がない国は援助を受けるという当たり前の姿勢になってくれば、北朝鮮も、北朝鮮に住む人達も救いがあると思います。

 今のマスコミ報道では、明日にでも北朝鮮が暴発して、テポドンの先端に核兵器がついたものが日本に落ちるかのような報道がなされています。しかし、そんな心配はありません。そんな精密な小型の核兵器の開発までには至っていません。

 韓国の人々と話をしますと、彼らは、「北朝鮮という国を過大評価してはならない」と言います。それぐらい小さな経済力、国家としての総合力が殆ど無いに等しい国なのです。戦争が、出来る国ではありません。さらに、「金正日を過小評価してはならない」とも言いました。金正日は、計算高い政治指導者だといわれています。つまり、北朝鮮を過大評価してはいけないが、金正日を過小評価してはいけないということも、間違いありません。

 金正日が北朝鮮の指導者になって8年間、国際社会の正確な情報が入っていない事もあり、全てが裏目に出てきています。早く北朝鮮に6カ国協議の場へ出ることができるように、適切な制裁と6カ国協議に戻ったときの保障をちゃんと提示する、そのサインを送る事が重要だろうと思います。

 私は、人類は、そして人間は、金正日といえども、喜んで破滅するという馬鹿な事はないだろうと信じています。国際社会の協調で、核実験というこの危険な兆候は必ず乗り越えられる、そして、アジアの中に、平和な秩序と21世紀の豊かな繁栄を作り出すことができることを信じています。

地域社会の再生は教育から

 日本の地域社会は、困難な局面になっています。私たちは、教育こそが希望の道を開くと思っています。小さな子供たちの教育、学校教育、大学教育、大学を出てからの生涯教育、そして能力開発など、その時代の産業に適応するような教育のできる仕組みを、早く作らなくてはいけません。

 大人の教育が、労働省と文部省で別々、専門家の教育は、厚生省と文部省で別々、あるいは法務省と別々、子供の学童保育は、厚生省と文部省で別々といった、このような不都合な事が、そしてそのツケが我々の生活に及んできているとすれば、これほどくだらない事はありません。

 皆さん方が支払っている税金が、皆さんの生活や、子供の将来を作る教育に使われるという仕組みを作っていきたいと改めて決意をしています。私もこんなに元気になり、まだまだ頑張ります。ありがとうございました。

                              以上