国 家 と 憲 法

2000年11月29日

衆議院議員 仙 谷 由 人

 

1 主権国家の変容と憲法改正

 (1)EUの成立と国家主権、憲法改正

民族自決から民族の共生と融合、国境措置、戦争

国際協力と主権制限

(2)各国における憲法改正

ドイツ

スイス

イタリア  

フランス

 

2 戦争と兵役の義務

 (1)国家間戦争をなくし、国家防衛から社会防衛へ

 (2)兵役義務と代替労働

 

3 新しい権利ともしくは国家的義務

 (1)環境

 (2)生命倫理

 (3)情報公開

 (4)外国人庇護

 

4 統治のしくみと政治参加

 (1)政治権力の権限範囲とその構成に対する国民の権利

 (2)分権・連邦制

 (3)国民投票、住民投票

 (4)透明性・行政監視

 

5 法治主義と憲法改正

  憲法裁判の実態と憲法改正

11月29日講演録へ